深層心理

貧乏でも貯金は出来る!年収300万円で年に150万円貯めた方法とは

副業で月に5万円稼ぐのはまったく簡単ではない。夢を見るな

年齢を重ねても、思ったように収入が増えず出費がどんどん増えていくこのご時世。

貯金はしないといけないと思っていても、なかなか出来ていない人が多いと思います。

世の中には、ありとあらゆる副業が存在し、「スマートフォンひとつで大金を稼げる」「あなたも簡単に5万円の臨時収入をゲット!」といった触れ込みで、いろんなサイトが存在します。

ハッキリ言います。

そんな甘い話は無いです笑

ブログに、アフィリエイトに、FX、クラウドソーシング・・・

私も色々な副業に手を出しましたが、結局、本当に稼げた副業はありませんでした。(この話はまた今度)

世の中、そんなに甘くないんですよ。

そんな簡単に稼げるならみんなやってるっつーの!笑

今回は、そんな副業で失敗した私が、1年間で150万円を貯めた話をセキララに紹介します。

貯金が難しいと考えるのはいいわけでありセンスがない

ここで私の簡単なスペックを紹介します。

年齢 40歳目前の男性
家族構成 彼女と二人暮らし。籍は入れていない。
職業 某コールセンターで契約社員。年収300万円
住まい 都内某所で家賃8万円のアパート住まい
趣味 読書

なかなかしんどいスペックではありますが笑

私は、この状況で1年間で150万円を貯めることができました。

どうやって貯めたかというと、副業、ダブルワークなど一切なしで、単純に給料を貯金するのみで貯める事が出来たのです。

貯金が出来ない人には特徴があり、共通しているのが「いいわけ」がすごいということ。

「収入が少ないから」「付き合いがあるから」「趣味に金がかかるから」「子供の養育費がかかるから」など、みんな様々ないいわけを言います。

でも、結局その人の生活を見てみると、携帯ゲームに課金していたり、ランチに1000円使っていたり、シーズン毎に洋服を買っていたりと、とにかく自分に甘いのです。

自分に甘い人生を送っているうちは、少なくとも満足いく額の貯金はできないでしょう。

むりやり貯金するという美学が1年後の自分を救う

では、私がどのようにして年間150万円を貯めることが出来たのかを紹介します。

それはズバリ、給料日に強制的に積立貯金をするというもの。

私の給料日は毎月15日です。給与が額面で25万円前後。厚生年金や社会保険、雇用保険、所得税、住民税が天引きされ、手元に残るのは20万円ほどになります。

かなり苦しいのですが、私は、給料日の毎月15日に強制的に積立貯金「12万円」を決行しました。

なぜ12万円かというと、私が家賃や、食費、雑費を計算して、ギリギリで生きていける金額が8万円だったのです。

なので、私の口座には、給料20万円が振り込まれた瞬間に、強制的に12万円が差し引かれ、8万円しか残らない状況になります。

私の給与の口座はみずほ銀行だったので、積み立て貯金は、みずほのグローバル口座をネットで開設しました。利率はほぼゼロですが、そんなことは問題じゃありません。

大事なのは毎月、強制的に定額を貯金していくということ。

自分でATMで引き出して別口座に貯金する方法ではダメです。人間、自分に甘い生き物なので、苦しい月は貯金を減額したりしてしまいますから。

強制的に天引きする方法で貯金するのです。

私はこれで、1年間苦しい思いはしましたが、1年後に150万円という大金をGETすることができました。

我慢せずに貯金は出来ないということを知る

私の安い収入で1年間で150万円を貯めるのは、傍から見たら相当きつく感じられるかもしれません。

しかし本当に苦しいのは最初の数ヶ月だけです。

えらいもんで、人間、環境に慣れる習性を持っているので、手元に金が無くともなんとでもなるんですよ。

ここで、私が節約の為に日常生活で気を付けていたことを紹介します。

飲み物は買わない 毎日コンビニや自販機で飲み物を買っていたのを止めた。代わりに楽天でミネラルウォーター500ミリを48本(2000円前後)を購入。一ヶ月で5000円の節約に成功。年間で6万円の節約になった。
ランチはおにぎりだけ 毎日、定食で800円~1000円使っていたが、コンビニのおにぎり1個に節約。どうしても腹が減るときはおにぎり2個にして調整した。月間で2万円、年間で24万円の節約に成功。また、年間で6キロのダイエットにも成功した。
ギャンブルはやらない ギャンブルは富裕層の遊びです。そして、奇跡的に勝ったとしても次は負けるもの。貯金したいならギャンブルは止めましょう。
ネットショッピングはすぐに買うな ネットで検索していると、欲しいものが次から次へと出てきます。ボタンを押して購入しがちですが、そこはグッと堪えましょう。カートに入れるだけ入れて、次の日に持ち越して、冷静に、冷静に考えよう。本当にそれは必要か?
リサイクルショップやフリマアプリの有効活用 どうしても買う必要があるものは、とにかく吟味して安くゲットしよう。リサイクルショップに彼女と行けばデートにもなるし、フリマアプリを見れば、かなり安く買えちゃうこともある。

簡単に紹介しましたが、こんなものです。

あと、私はお酒が大好きなのですが、お酒もネットショップや近所のスーパーで安く大量に買って、家飲み派に切り替えました。これも長期的に見ればかなりの節約です。

貯金生活が数ヶ月続くと、お金の大切さが身に染みて分かってきます。

1年後に笑う事が出来るのは1年間我慢した人間だけ

私は、たったこれだけのことで年間150万円貯めることが出来ました。

いかがわしい副業で失敗して無駄な時間を使うよりも、効率的に貯める事が出来たと思っています。

でも、これだけストイックに貯金をしていればストレスが溜まります・・・。

その時は、たまには「1万円だけ好きに使おう!」とか自分へのご褒美を儲けるのもいいかもしれません。

お金は貯めてもストレスは溜めるな!ってやつです。

私の貯金ブログを見て、「お前はいいよな。俺は家族がいるんだよ」「俺は住宅ローンがあるから無理」とか思う方もいるかもしれませんが、そんなのはいいわけでしかないと私は思っています。

どんな状況においても、我慢することは出来るし、環境をいいわけにするなら一生貯金は無理だと私は思います。

節約生活をたった1年やって150万円です。価値はあると思います。

1年後に笑える人は、1年間我慢した人だけですから!